谷戸・ひばりが丘書道教室メールマガジン 3

いつも当教室をありがとうございます。

谷戸・ひばりが丘書道教室の神野です。
通学いただいておりますお子さま、親御さまにメールマガジンという
形でご連絡させていただいております。
夏も終わりあっという間に秋になってしまいました。
湿気も少なく、書道には一番よい季節となりました。
墨の滲みも少なく、集中しやすい時期でもあります。
あと数ヶ月、今年も最後までたっぷりとお子さまと、伝統と向き合ってまいりたいと思います。
宜しくお願いいたします。
1)来月のスケジュールが変則的になります。
来月、前半に私的な研修を兼ねて急遽お休みをいただくことになりました。
大変申し訳ございませんが、
9日(火)
3日(木・祝)
10日(木)
をお休みとさせていただきます。
今月のみひばりテラスで開催していた教室を、谷戸教室に集約してまいります。
それ以外の火曜日、木曜日は開講いたします。ご調整のうえ、お越しいただけますよう、何卒お願い申し上げます。
スケジュールのご都合がつかないお子さま、毎週お越しいただいているお子さまは、個別に別途開講日を調整させていただくか返金対応とさせていただきます。
御忙しい中、申し訳ございません。
何卒宜しくお願い申し上げます。
ーーーーーーーーーーーー
2)夏のレッスン報告
7月、8月、9月と墨をすりました。
教室で使っている、伝統的な石の羅紋硯に、奈良墨や唐墨(中国墨)を選んでもらい丁寧に墨をすってから字の勉強をしました。
皆、最初はこぼしたり汚したり、薄かったりと苦労していましたが、2、3回であっという間に墨を擦れるように。
銀色から、黒まで無限にある墨の色に驚き、楽しんでいました。
今後も、休みの時期を中心に墨すりは行ってまいります。
学校教育からは無くなってしまいましたが、通って下さるお子さまに、書の「本物」に触れていただきたい。上質なお道具を使っていただきたい。
その一心で今後も続けてまいりたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーー
3)書を学ぶことについて
本当に、子どもの成長は早く、あっという間に慣れるものだなと感じることが度々あります。
入ってきたときは、「何をするか」がわからず、椅子に座るのも難しいお子さまもいらっしゃいます。
ですが、皆数ヶ月で「集中すること」「神経と体を一致させて使うこと」「気持ちを落ち着けること」を覚えて
じっくり書くようになります。
この切り替えが、すべての勉強や作業にも通用すると言われております。
教室では、常に上記を基本として徹底するように指導していますが、是非ご自宅でも
 「書道教室で習ったこと」を意識して継続できるよう、お声をかけてあげてくださいませ。
お越しになっている生徒の皆さんは、皆上手なため、競書誌の先生方に褒めていただいております。
お渡ししている冊子でもいつも誰かの写真が掲載されています。
もし、掲載された際には、是非たくさん褒めてあげていただきたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーー
4) LINEアカウントについて
度々ご連絡しております、LINEアカウントでございますが、
まだ未登録のかたは是非、登録とメッセージをお願いいたします。
本日も千葉で地震がありましたが、万が一の際にもメール以外にご連絡できるようにしてまいりたいと考えております。
また、メールよりも早くメッセージのやりとりができますため、メールからの移行をお願いしております。諸連絡など是非、こちらからお送りくださいませ。
アカウントをお持ちでないかたは、引き続きメールでのご連絡でお願いいたします。
 ファイル 2016-06-22 12 20 49
ーーーーー
ーーーーー
年末には、学校から書き初めの課題がでると思います。
当教室でも課題を特訓しますので、また年内にご案内をいたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。